ワーキングスタディコース・コース内容

 「ダイビングを一度も経験したことがないんですが…。」「即戦力で働けるようになりたい!」「女性でも大丈夫?」

とお考えの方、沖縄アークダイブのワーキングスタディコース内容はとても簡単。健康な体とやる気さえあれば、どなたでも出来るダイビング全般の仕事です。ダイビングを一度も経験したことがない方でも大丈夫。経験豊富なインストラクターが完全バックアップ。丁寧に指導します。女性インストラクターも常勤しておりますので安心です。また、当コースでは、十分なインターンシップ制度を取り入れておりますので、コース期間を修了してから即現場で働くことも可能です。

沖縄でダイビングのプロになる|講習内容 沖縄でダイビングのプロになる|一日の業務の流れ

ワーキングスタディコース・講習内容

ダイビングのプロ(PADIダイブマスター)になるためには、5つのPADIダイビングライセンスを段階を追って取得していかなければなりません。沖縄アークダイブのワーキングスタディコースでは、以下のスケジュールでライセンス講習を実施していきます。

※2年でプロを目指すワーキングスタディコースへ契約社員として参加する場合、2年で以下の資格を取得して頂きます。詳しいスケジュールについてはお問い合わせください。

経過月数 取得資格 講習内容
1ヶ月目 オープンウォーター 「ダイビングの講習を受けてみたい!」「ダイビングを趣味として始めてみたい!」という方、沖縄の海で楽しくライセン…
沖縄ダイビングライセンス|オープンウォーター・ダイバーコースをもっと詳しく
2ヶ月目 アドバンス このコースでは、5つのダイビングシーンをテーマに、ダイビング技術・知識を身につけていきます。例えば、深い所…
沖縄ダイビングライセンス|アドバンスド・オープンウォーター・ダイバーコースをもっと詳しく
3ヶ月目 EFR 最新の国際基準、医療的ガイドラインに基づいたCPR(心肺蘇生法)とファーストエイド(応急手当)についての広範囲…
沖縄ダイビングライセンス・エマージェンシー・ファースト・レスポンスコースをもっと詳しく
レスキュー 大自然を相手に遊ぶレジャースポーツでは、ときとして予想外のアクシンデン トに遭遇する場合もあります。それらは…
沖縄ダイビングライセンス|レスキュー・ダイバーコースをもっと詳しく
4~6ヶ月目 ダイブマスター ダイブマスターコースでは、ダイビングのリーダーや講習のアシスト経験を積み、自分の意思で海況、トラブル等を判断…
沖縄ダイビングライセンス・ダイブマスターコースをもっと詳しく
7~10ヶ月目 インターンシップ ダイブマスターの実施できるプログラムを実際に自分で開催したり、インストラクターのアシスタントとして実際のお客様と触れ合うことで、ダイブマスターとしての技術と経験を深め、即戦力として働くことのできるスキルを身につけて頂きます。

※資格名称は便宜上、略称で記載してあります。

※上記スケジュールは、コース参加開始時期や個人の能力により、多少変更になる場合がございます。


即戦力で働ける人材なっていただくために…。

目標であるダイビングのプロ(PADIダイブマスター)になると、以下のことができるようになります。
以下、PADI JAPANサイトより抜粋。

  1. PADIダイブセンターやリゾート、ダイビングボートのスタッフとして働くことができる。
  2. PADIインストラクターとお客様のアシストができる。
  3. PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
  4. PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
  5. 認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
  6. PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。
  7. エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。
  8. PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。

約半年の期間をかけて、PADIダイブマスターライセンスを取得して頂きますが、資格を取得しただけでは、実際の現場では通用しないのが現実です。沖縄アークダイブのワーキングスタディコースは、即戦力で働ける人材になっていただく事が目標です。当コースでは、ダイブマスターとしての技術と経験を深めて頂くために、十分なインターンシップ制度を取り入れております。インストラクターのアシスタントとして、上記プログラムに携わり、実際のお客様と触れ合うことで、ダイブマスターとしての技術と経験を深め、即戦力として働くことのできるスキルを身につけることができます。沖縄アークダイブの十分なインターンシップを経て、カッコだけでなく、中身も伴ったダイビングのプロを目指しましょう。

ワーキングスタディコース・一日の業務の流れ

ワーキングスタディコース生の一日の流れです。業務は誰にでもできる簡単な内容です。すべての業務がダイビングに関係する仕事なので、即戦力で働ける力が身につきます。コース参加をお考えの方々のご参考になればと思います。

※2年でプロを目指すワーキングスタディコースへ契約社員として参加する場合、主な業務内容はホテルとダイビングの受付業務になります。下記とは異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

写真をクリックすると、大きな画像がご覧になれます。

07:30~ 出勤・開店準備 開店準備

天気がいい日は、濡れている器材を外に干します。

通常は7時半に出勤。
開店準備として、物干しの設置・濡れた器材を干す・洗濯物をしまう・お茶の準備等をしていただきます。

掃除・洗濯 掃除・洗濯

ダイビングショップに面する道路もお店の一部です。

お店の掃除・スタッフが使用するバスタオル・ハンドタオルの洗濯をしていただきます。お店は3フロアーに分かれております。お客様に不快感を与えないようにこまめに掃除をしましょう。

08:00~ 資格取得講習 資格取得講習

インストラクターの説明を真剣に聞くコース生達。

ダイビングを一度も経験したことがない方でも心配いりません。初級の資格から、プロ資格まで、経験豊富なインストラクターが丁寧に指導します。

インターンシップ インターンシップ

お客さまとコミュニケーションをとることで、経験が深まります。

インストラクターのアシスタントとして、実際のお客様と触れ合うことで、ダイブマスターとしての技術と経験を深め、即戦力として働くことのできるスキルを身につけることができます。

スキューバダイビング用エアータンクの充填・貸出業務 スキューバダイビング用エアータンクの充填・貸出業務

おいしい空気を充填して、お客様の沖縄ダイビングをサポート。

ダイビングには欠かせない、エアータンクの充填・貸出をしていただきます。多い時は一日500本以上のタンクを充填することも。コース生の業務の中で、大部分を占める仕事です。

送迎 送迎

車内ではダイビングや沖縄の話で盛り上がります。

空港⇔お店⇔宿泊先の送迎をしていただきます。接客業では、第一印象が大切です。元気よくお客様をお出迎えしてください。くれぐれも交通ルールは守ってくださいね。

器材レンタル受付・準備 器材レンタル受付・準備

お客さまにぴったり合ったダイビング器材を選びます。

沖縄アークダイブでは、ダイビング器材のレンタルサービスも行っております。お客様からサイズ情報を聞いて、必要なダイビング器材を準備・貸出して頂きます。

18:00~ 掃除・洗濯 掃除・洗濯

きれいなお店にはまた来たくなりますよね。

シャワールーム・トイレ・休憩ルームの掃除をして頂きます。お客さまに気持ちよく使っていただけるように、隅々まで徹底的に掃除してください。

19:00 閉店 閉店

次の日の予定を真剣に確認するコース生達。

コース生もスタッフの一員。次の日のスケジュールをしっかり確認してください。朝から送迎がある場合は、送迎先までの道順を確認しておいてください。やっと一日が終了。お疲れ様でした。

19:00~ デブリーフィング(反省会)・日記の掲載 デブリーフィング(反省会)・日記の掲載

インストラクターからの助言がレベルアップにつながります。

インストラクターのアシスタントとしてダイビングした日は、閉店後にデブリーフィング(反省会)をします。分からなかったところはどんどん質問しましょう。

20:00~ プライベート時間 プライベート時間

ダイビングのプロを目指して勉強中。毎日の積み重ねが大切です。

閉店後は自由に過ごしてください。時間のある人は、ダイビングの勉強をどんどん進めましょう。切羽詰まってやるよりも、毎日コツコツ積み重ねていったほうが確実に身に着きます。

※上記のスケジュールは、その日の予定やシーズンにより大幅に変更になる場合がございます。

ホームへ
ページの先頭へ